挾間 美帆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挾間美帆 Miho Hazama (作・編曲)

 

国立音楽大学(クラシック作曲専攻)在学中より作編曲活動を行ない、これまでに山下洋輔、モルゴーア・クァルテット、東京フィルハーモニー交響楽団、ヤマハ吹奏楽団、大西順子、須川展也、坂本龍一、鷺巣詩郎などに作編曲作品を提供。

2012年、マンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)への留学を経て、『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』によりジャズ作曲家として世界デビュー。2015年にセカンドアルバム『タイム・リヴァー』リリース。ニューヨークを拠点に意欲的な音楽活動を展開し、2016年には米ダウンビート誌「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人でただ一人選出されるなど高い評価を得ている。

2017年5月、シエナ・ウインド・オーケストラを指揮して組曲「The DANCE」を日本初演。同オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンスに就任する。9月、東京JAZZ「JAZZ100年プロジェクト」の演出・編曲・指揮を担当し大成功に導く。10月にはセロニアス・モンク生誕100年プログラムでオランダの名門メトロポールオーケストラのビッグバンドとオランダ4都市ツアー(2018年2月にライブアルバムをリリース)。

2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。2014年、第24回出光音楽賞受賞。2015年、BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞。

オフィシャルサイト◎http://www.jamrice.co.jp/miho/