楽団プロフィール

 
 

1990年に結成されたプロフェッショナルのウインド・オーケストラ。現在、文京シビックホールを拠点に演奏活動をしており、定期演奏会のほか全国各地での音楽祭やイベントへの参加、音楽鑑賞教室等の青少年育成事業等への出演などで活躍している。また、オーケストラ編成による演奏のみならず、管楽器の特色を生かした多様なアンサンブルユニットによるコンサートや管楽器クリニック等の活動も積極的に展開しており、日本を代表するウインド・オーケストラとして、また、国内吹奏楽愛好家の先頭に立つフラッグシップオーケストラとして高い人気を誇っている。

2002年より佐渡裕を首席指揮者に擁し、最近では原田慶太楼、宮川彬良、青島広志やなど多彩な指揮者を客演に迎えている。吹奏楽オリジナル曲やマーチはもちろん、クラシック、ジャズ、ポップス、映画音楽、ミュージカルナンバーなど幅広いジャンルにわたる演奏レパートリーによる若さ溢れるダイナミックな演奏、バリエーション豊富なパフォーマンスで全国各地に多くのファンを持っており、常に話題と期待を集める魅力と実力を兼ね備えたオーケストラとして成長を重ねている。また、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」に頻繁に出演し、持ち前のユニークなパフォーマンスで毎回好評を得るなど、メディアからも注目される存在となっている。
さらに、これまでの幅広い演奏活動とともに地域や教育機関と密着した活動を積極的に展開すべく、2010年に東京都文京区および文京シビックホールを皮切りに、学校法人尚美学園(2011年)、上越教育大学および上越文化会館(2016年)、名古屋音楽大学(2017年)、富士市および富士ロゼシアター(2018年)とそれぞれ事業協定を締結し、様々な事業を展開している。
2011年4月には芸術性とポピュラリティのバランスよい活動が評価され、第21回吹奏楽アカデミー賞を佐渡裕と共に受賞。
2015年からはスクエア・エニックス主催「BRA★BRA FINAL FANTASY」の全国ツアーで各地にゲーム音楽と吹奏楽のコラボレーションを巻き起こし、2018年からはウォルト・ディズニー・ジャパン主催による「“ブラバン・ディズニー!”コンサート」全国ツアーによりさらに新たなファンを獲得している。

CD「ブラスの祭典」(99年)、「ブラスの祭典2」(02年)、「ブラスの祭典3」(05年)は、いずれも大きな話題を呼び、その後DVD「ブラスの祭典ライヴ2004」をエイベックス・クラシックスより発売。06年には「リード!リード!!リード!!!」および「ジョン・ウィリアムズ吹奏楽ベスト!」を、翌年には再び佐渡裕とDVD「アフリカン・シンフォニー《ブラスの祭典ライヴ2006》」をリリース。その後も「ディズニー・オン・ブラス」「THE刑事」「THEテーマ」など話題性に富んだ多数のCD・DVDを発売。最近ではエイベックス・クラシックスから作曲家自らの指揮によるシリーズ第5弾「スパーク&シエナ2」や「スーパー・サウンド・コレクション スタジオジブリ吹奏楽」、スクウェア・エニックスから「ファイナルファンタジーⅦ×ブラバン」、ユニバーサル・ミュージックから「“ブラバン・ディズニー!”~シエナ・スタイル~」などをそれぞれリリースし、いずれも大きな反響を呼んでいる。